ご縁を大切にしております。

介護保険がリフォームに使えるって知ってますか?

介護保険には住宅改修サービスというものがあり、住宅改修費(リフォーム費用)を20万円まで支給してくれます。ただし、購入費用の1割(一定以上所得者は2割)を、対象者が負担する必要があります。
原則1人1回の利用に限られています。

介護保険の住宅改修サービスを利用できるのは公的介護保険の認定を受けている在宅の方が対象となります。

~住宅改修の例~

玄関の外側

・外壁やドアまでのアプローチに手すりを設置する
・スロープを設けて段差をなくす
・玄関ドアを引き戸にする
・足元灯や玄関灯を設置する

玄関(内側)

・靴を着脱するための腰掛けや手すりを設置する
・段差の解消に踏み台を置く
・床をすべりにくくする
・車いすでも出入りしやすいように段差解消リフトを設置する

階段

・手すりを設置する
・すべりにくい加工をする
・夜間の転倒防止に、段差が目立つ工夫をする
・階段昇降機を設置する

廊下

・手すりを設置する
・部屋のドアを引き戸にする
・部屋との段差をなくすか、段差を解消するスロープを設置する

浴室

・浴室のドアの開口幅を広くして手すりを設置する
・脱衣所と浴室の段差を解消する
・転倒防止に床をすべりにくくする
・脱衣所に腰掛けやいすを置く

トイレ

・立ち上がりを楽にするために、洋式に取り換える
・手すりを設置する
・介助スペースを設ける
・ドアの開口幅を広くする
・ウォッシュレットや暖房機能を設置する

結構色々なことに使えますね。それに1つ1つのリフォームは20万円以内で済ませられるものも多いです。
ただ、逆に介護で手すりが欲しいとなった時に果たして1ヵ所の取り付けで済むのか?という問題もあります。
介護保険による住宅改修サービスは基本的に1回しか使えないのでできる限り20万円満額で使えるようにまとめてできることはまとめてしまった方が良いでしょう。

そこでもし、予算が20万円を大幅に超えてしまうような場合でもあきらめないでください。
市区町村の住宅改修補助制度があります。
こちらはまた別の記事で説明しますね。

もし早急にバリアフリー化が必要だと感じているようでしたら当社までご相談ください。
介護保険を使った住宅改修の申請などもお手伝いいたします。

~ ご縁を大切にしています ~
東久留米のリフォーム会社
株式会社クオリティリフォーム

関連記事

最近の記事

  1. 2019.06.30

    塗料の勉強会

施工事例

お客様の声

PAGE TOP