ご縁を大切にしております。

外壁のひび割れ補修ができる業者を東久留米市でお探しならクオリティリフォームにお任せください。

外壁のひび割れを発見したらすぐにご連絡ください。

外壁のひび割れをクラックとも言います。

もしも外壁に大きなクラックが入ってしまったら?
そのまま放置し続けていると、クラックの隙間から雨水が入り込んで基礎部分の腐食に繋がってしまうかもしれません。

ひび割れは経年劣化により発生します。
少しのひび割れでも、雨水や湿気などの水分が侵入し、内部から腐敗する恐れがあります。
内部からの腐敗は目に見えません。
まるで癌のように知らず知らずのうちに内部を蝕んでいくのです。
見た目の問題もありますが、それ以上に事態は深刻だということを覚えておいてください。
大規模な工事が必要になる前に、補修を行いましょう。

ひび割れ(クラック)を放置するとどうなるのか?

外壁にひび割れができると、その隙間から雨や湿気・砂ぼこりなどが壁の内側に染み込んできます。
発生したひび割れをそのまま放置すると、外壁内部の劣化が始まり、以下のような問題が発生します。

外壁内部の腐食

外壁の内部に雨や湿気が入り込むと、外壁の内部の腐食が始まります。
腐食が進行すると、外壁が崩れ落ちてしまう危険性もあります。

雨漏りの発生

外壁のひび割れができるとその割れ目から雨や湿気が直接入ってきます。
やがて、水分の侵入を防ぎきれなくなり、住宅の内部に水分が漏れ出し、雨漏りを引き起こす可能性があります。

コンクリートの強度低下

コンクリートは水分や湿気に弱いため、下地や外壁塗装により表面を保護しています。
しかし、ひび割れが発生するとコンクリートの内部まで湿気が入りこみ、コンクリートに含まれるセメントが中性化して強度が失われてしまいます。

家の傾き

ひび割れが外壁の深部に及んでしまう、またはひび割れの長さ・幅が拡大してしまうと、住宅そのものに影響が出てきます。
ひび割れ部分からの水分の侵入により、外壁の内部にある木材あるいは住宅の構造を支える部分が腐食して、家そのものの耐久性が落ちます。
また、ひび割れの隙間から住宅内部の空気が逃げ、冷暖房の効果が鈍くなってしまうのです。

外壁のひび割れを発見したらすぐにご連絡ください。

外壁のひび割れは、耐震性の低下、住宅内部腐食や劣化の原因などにつながります。
早期発見・早期補修をすることで小規模な工事で料金も安く、重大な事故を防ぐことができます。
外壁にひび割れを発見したけど、どうすればいいのかわからない。
そんなときはプロにお任せ下さい。

~ ご縁を大切にしています ~
東久留米のリフォーム会社
株式会社クオリティリフォーム

関連記事

最近の記事

  1. 2021.04.24

    ドローン撮影

施工事例

お客様の声

PAGE TOP